混ぜるな危険!?汗をかいたときに香水をつけるのはNG!

あなたは、「汗をかいたときこそ
匂いをよくしたい!」と考えて
香水をつけたりしてませんか?

場合によってはかなり危険なことなので、
間違った知識を今のうちに是正しておきましょう。

汗をかいたときにつけてはいけない理由

実際に汗をかいて香水をつけたことがありますが、
マジでやばいです。

どうヤバいかと言うと、
ブランドによっては

ちょっと想像してみてください。

自分がゴキブリになったイメージですw

常にまとっているんですよ。。。
もうそれは恐ろしいですね。

なぜ汗をかいた時、つけてはいけないのでしょうか?

香水にはデオドラント効果はない

香水は読んで字のごとくただ香る水なので、
デオドラントクリームなどのような臭いを抑える効果は全くありません

むしろ匂いを発生させる効果があるので、
汗の臭いと混じって強烈な悪臭を発生させる可能性が高まります。

一昔前の僕は汗が結構臭う人だったので、
香水をつけたときは凄まじい悪臭を放っていました。

当時僕の周りにいた人、ごめんなさい

香水の正しいつけかた


香水は正しい方法で身につけましょう。

まず、肌を清潔に保つことです。
シャワーを浴びたり風呂でしっかり汗を流しておくことです。

肌が清潔なら悪臭の原因はなくすrことができるので、
次に適切な場所へ香水をつけましょう。

男性にオススメできる香水ポイントは、
体温が高くなりやすい場所です。

例えば耳の裏手首の内側などがあります。

血管が皮膚の表面近くを通っているので、
体温も高くなりやすく香水が揮発しやすくなります。

落としたい女の子がいるなら、
その子の前ではいい匂いをさせましょう

【おまけ】香水はしっかりしたお店で買おう

男性は女性に比べると美容にかけるお金が少ないと言われています。

香水一つとっても、おそらくあなたは「安く買える場所ないかなぁ」と考えているでしょう。

ですが、僕からは「安い場所で買う」という考えをオススメしません

安い香水をオススメしない理由

僕は昔、ドン○ホーテで超安売りの香水を買ったことがあります。

普通なら4〜5000円するものなのですが、
当時2〜3000円程度で購入できました。

約半額ですw
当時は「ラッキー♩」くらいのノリで
即決していました。

ですが、悲劇は1週間以内に起こります。

当時の僕は香水をいくつか持ち合わせていたので、
格安香水を使う機会は1週間後くらいに到来します。

複数の友人と遠出するときに、
張り切ってその香水をつけるわけです。

1日、とくに問題なく過ごせたのですが、
帰宅後友人から言われた言葉に驚愕します。

「お前、今日めちゃくちゃキツイ臭いしてたよ」
「なんか殺虫剤みたいだった」

冒頭でも話しましたが、
汗をかいたときに香水を付け足していた
というのが一番の原因です。

しかし、他の要素として浮上してきたのが、
保存状態の悪い粗悪品を使っていたと言う事実です。

安売りしている場合は、「消費期限内に香水を売ろうとしている」
と言うことが考えられます。

お店は在庫を抱えるより、
在庫を少しでも減らして少額の赤字程度にとどめたいですからね。

保存状態が悪いと何がいけない?

先ほどもお伝えしましたが、
香水にも消費期限はあります。

長期間、過酷な環境で放置されたり、
紫外線にあたったりすると香りが変質します。

程度の差はあるでしょうが、
僕の場合みたいに「肌につけると殺虫剤のにおい」がする場合もあります。

そのため、できるだけきちんとした保存状態のものを取り扱っている
正規代理店などで手に入れるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、汗をかいたときに香水をつけたらいけない理由をお伝えしました。

普段から匂いに気を遣える紳士は、
香水を振って良いタイミングなども把握してます。

あなたもきちんとした知識を身につけ、
挑みましょう(何にだよw

⇒コスメ爺も使っている、女心をくすぐる香水はコチラ

コメントを残す